アメリカ・ジョージア州マリエッタ生まれ。
「地球最後の男たち THE SIGNAL」に出演し、サンダンス映画祭で注目を集める。タイ・ウェスト監督の『The House Of The Devil』や『Sun Don't Shine』、『Synchronicity』、『ビューティフル・ダイ』など評価の高いインディペンデント映画に出演してきた。「ビューティフル・ダイ」でFantastic FestとイギリスのFright Festで最優秀主演男優賞を受賞している。ジョー・スワンバーグらとともに『サプライズ』にも出演している
1981年、アメリカ・ミシガン州デトロイト生まれ。
『Kissing on the Mouth』で長編映画監督と俳優デビュー、以降『ハンナだけど、生きていく!』や、オムニバス・ホラー映画『V/H/S シンドローム』などを監督。『V/H/S シンドローム』では俳優も務める。友人でもあり頻繁にタッグを組むアダム・ウィンガード監督作品『ビューティフル・ダイ』、『サプライズ』で注目を集める。最近の作品『ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式』では、オリヴィア・ワイルド、アナ・ケンドリックらとも共演を果たす。
エイミー・サイメッツの監督デビュー作『Sun Don't Shine』で主演を果たし、ニューヨーカー、ハリウッド・レポーター、インディ・ワイアから高い評価を得た俳優であり、また映画監督でもある。サンダンス映画祭で注目を浴びた『V/H/S シンドローム』に出演。長編映画『Open Five』と『Open Five 2』の脚本と監督を務めている。サンダンス映画祭で上映されたデヴィッド・ロウリー監督作品『セインツ−約束の果て−』では、ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラと共演を果たす。
女優、脚本家、監督として活躍。女優としてはTVドラマシリーズ「The Killng」にレギュラー出演。監督デビュー作『Sun Don't Shine』はSXSWで審査員特別賞を受賞し、ゴッサム賞ノミネートを受けた。この映画はニューヨーク・タイムズの注目作品に選ばれ、インディ・ワイアが選ぶ注目すべき監督12人に選ばれている。『サプライズ』にも出演し、ジョー・スワンバーグらと共演。ハリウッド・レポーター、ロサンゼルス・タイムズなど各メディアから評価され、女優として注目を集めている。
ジーン・ジョーンズはハビエル・バルデムが主演した『ノーカントリー』に出演。他の出演作にはジェームズ・フランコ主演の『オズ はじまりの戦い』やロビン・ウィリアムズ主演の『A   Merry Fringgin' Christmas』(14/未)などがある。 TVドラマでも活躍しており「ボードウォーク・エンパイア・エンパイア 欲望の街」(10~13)に登場。他テレビ作品には「ハウス・オブ・カード 野望の階段」(13~14)がある。